Month: 5月 2017

動物病院の待ち時間は長いけど

先日、飼い猫のワクチン接種のために動物病院へ行ってきました。休日という事もあって、かかりつけの動物病院はとても混んでいました。受付から1時間以上の待ち時間で、ちょっと退屈ではあったけれど、そこに来ている飼い主さんと犬猫の三者三様振りを密かに楽しみながら待ち時間を過ごしていました。うちの猫は色んなワンちゃんや猫さん達がやって来るのを慌てふためきながらなんとか乗り越えていた模様です。その日はワンちゃんが多く、すでにいたワンちゃんも後から来たワンちゃんも殆どがオスでした。犬もオスの方がやんちゃなのか、落ち着きのないワンちゃんが多くて、とても可愛かったです。ブルドッグと思われる犬種のワンちゃんはお鼻がブーブーなっていて、最初は威嚇しているのかと思ったらお鼻がなっていたので、笑いを堪えるのに必死でした。ちょっと動くとフガフガ言ったりするのがとてもチャーミングでした。プードルは飼い主さんに抱えられてやって来たのですが、そうしていないと恐らくあっちこっちにちょっかいを出してしまうのかなというくらいにとても元気で暴れん坊の様でした。動物病院の待ち時間は意外に楽しものですね。腕の脱毛は、夏場は必須です

虫歯治療が劇的に変わるかも

虫歯治療が劇的に変化するかもしれません。
削って詰め物をするのが現行の虫歯治療ですが、虫歯の初期段階なら削る痛みを伴うことなく虫歯治療ができるという研究が進められています。

歯は外側のエナメル層と内側の象牙質層の2層構造になっています。
虫歯は虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされることで発生し、歯の中心部にある歯隋に達すると痛みが出ます。
象牙質層に達していない初期の虫歯なら、エナメル部に高濃度のフッ素を塗布し、虫歯菌の殺菌を施す事で進行を止めることができることが分って来ました。
この治療法は、1回きりの治療ではなく、継続的にフッ素塗布を行う必要があります。

とは言え、進行してしまった虫歯は削り取るしか治療法はないので、やはり虫歯予防が大事なのは変わりません。
正しい歯磨き法を身につけ、間食を控え、定期的に健診を受けることは、新しい治療法が登場しても重要性は変わりません。

痛みを伴うために避けられてきた歯科治療ですが、早期発見、早期治療なら痛みを伴わないと分かれば、積極的な歯科治療が進むのもしれません。
いくつになっても健康な自前の歯を保ち、美味しい物を食べ続けたいですね。口コミで今話題のコスメです